医療法人 ふち内科クリニック

医療法人 ふち内科クリニック|京都市中京区の内科・循環器内科

〒604-8851 京都府京都市中京区壬生上大竹町14
TEL:075-803-6060
24時間ネット受付
トップページ»  診療案内

診療案内

内科

内科では、風邪やインフルエンザなどの急性疾患をはじめ、高血圧症や糖尿病などの慢性疾患、骨粗しょう症や認知症といったご高齢の方に多く見られる疾患まで、内科疾患全般について診療をおこなっております。
そのほか、自力での通院が困難な方には、訪問診療や往診のご相談も受け付けております。
些細なことでは病院に行かないという方でも、何か少しでも気になることがあればぜひご相談ください。
地域のかかりつけの医院として、頼りにしていただければ幸いです。

内科

生活習慣病の診療に注力、食事と運動の見直しで改善を目指す

当院では、生活習慣病の診療に力を入れ取り組んでいます。
まずはヒアリングをおこない、必要に応じて血液検査や心電図検査、超音波検査などを実施し、結果を確認したうえで、日常の食生活や運動といった生活指導をメインに治療を進めていきます。
また生活指導のみで補えない場合は、薬物療法もおこないます。

生活習慣病

循環器内科

循環器内科では、狭心症や不整脈、心不全などの循環器疾患全般について診療をおこなっております。
循環器疾患は、生活習慣病とも関連性が高く、総合的な診療が必要となるため、合併症としての循環器疾患を管理することにも力を入れています。
また、当院は循環器診療を専門分野としているため、ペースメーカーの動作確認、電池やバッテリーの確認といった定期的な検査や管理をおこなうことができます。

循環器内科

呼吸器疾患

呼吸器疾患とは、呼吸にかかわる臓器である呼吸器の疾患の総称のことをいいます。
空気が通過する器官が気道で、鼻腔、口腔から咽頭、喉頭を経て気管、気管支、細気管支、肺、肺膜までを差します。
呼吸に関する病気ですので、苦しくなったり、呼吸困難になったりします。
単なる発熱であっても、肺炎に至るなど、最初は大したことがない症状でも、長引いたり、大事に至るケースもあります。
当院では、患者さんの症状にあわせて正確な診断を行い、最適な治療が選択できるように丁寧な診療を心がけています。

呼吸器疾患

消化器疾患

消化器疾患は、お腹の中の臓器(食道、胃、小腸、十二指腸、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓など)の疾患です。
これらのおなかの臓器に不調が起きると、腹痛や嘔気、胃部の不快感、食欲不振、下痢、便秘、肝障害などの症状が起こります。
こうした症状の検査及び治療を行います。
血液検査や超音波などを使用して、最小限の負担で精度の高い検査と治療を目指します。
胃・大腸内視鏡については必要に応じて専門機関をご紹介致します。
医療技術の発達に伴い、消化管の出血やポリープ、早期がん等は内科的に治療することが可能になっています。 

消化器疾患

骨粗しょう症

骨粗しょう症とは、「骨強度の低下によって骨の脆弱性が亢進し、骨折リスクが増大した疾患」と定義されています。
老化と密接な関係がある骨の老人性変化ですが、特に閉経期後の女性に多く見られ、男性でも70歳以降には増えてきます。
骨粗しょう症になると、背骨、足のつけ根や手首、腕のつけ根などに骨折が起こりやすくなります。特に足のつけ根の骨折が原因で、寝たきりになるケースが増えています。
原因は年齢による骨組織の老化に加えて、カルシウムの代謝や骨の新陳代謝を促すサイトカインという物質の過剰分泌を抑制するエストロゲンという女性ホルモンが分泌されなくなるため、骨の生成と骨からのカルシウム吸収のバランスがくずれて生じます。
当院では骨塩定量、骨の代謝の評価を行い、骨折を予防するために生活指導や治療を提供致します。

骨粗しょう症